2009年08月09日

ドラクエ9やってます

ながらくブログも休んでましたが、そろそろ復帰しようかなと思っています。
色々あったんですよね。

まあ、とりあえず、今はドラクエ9やってます。
いろいろ悪い口コミもありますが、私は気に入ってます。

というか、いまさらゲームに”グラフィックが悪い”などと、とんちんかんな批判はどうかと思います。
グラフィックなんかより、楽しめるかどうかだと思うので。
あ、だからといって、ドラクエ9の内容が最高という訳ではないので、あしからず。

楽しかったと言えば、前にやった”逆転検事”のほうがおもしろかったなぁ。
またの機会にそちらの方も話題にしたいですね。
【関連する記事】
posted by ウッカリ八兵衛 at 20:44| Comment(38) | TrackBack(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

ちりとてちん

久々に面白く、奥が深いと通の間で話題沸騰中にもかかわらず、それほど視聴率が伸びないふしぎなNHK朝の連続テレビ小説”ちりとてちん”。
自分自身は見ることができないので、毎日妻の話を面白く聞いていました。
で、今日BS2で一週間分土曜日に見ることができるということを知って、今まで見ていました。
いやぁ、面白いですね。特に4弟子がいい味出してます。
フィギュアスケートを見るために導入したBSがこんなところで役に立つとは。
視聴率がそれほど伸びていないのが不思議です。
あれを見ていると、落語を聞きにいきたくなりますよ。
このドラマのおかげで、落語ブームが来たりして。

ただ、ブームになるのは良し悪しのところがありますね。
落語の入場券が手に入りにくくなったりして。
いや、もしかしたら、今でも手に入りにくいのかもしれませんが。

何にしても、今の笑いにちょっと疲れてしまった方とか、今のドラマに物足りなさを感じる方には、”ちりとてちん”おすすめです。



posted by ウッカリ八兵衛 at 11:28| Comment(18) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

SVNサーバーをたてました

いよいよProject開始です。
うちには妻が主に使うMac miniと私がよく使うmacbookがあります。これらにはIPアドレスを設定してあって、ここでは
Mac mini : 192.168.2.1
macbook : 192.168.2.2
として話を進めます。
また、Mac miniにもmacbookにもhachibeeという私のアカウントがあって、そのホームディレクトリが/Users/hachibeeであるとします。

まず、SVNサーバーにはMac miniを使います。(こいつは常に電源が入っているので)
ということで、Mac miniでターミナルを開いて、/Users/hachibee/repositというディレクトリを作ります。(ホームディレクトリの下にrepositというディレクトリを作るということですね)
その上で
sudo svnadmin create /Users/hachibee/reposit
とします。
その後、/Users/hachibee/reposit/confにいって、snvserve.confを編集します。(一応このファイルをコピーしておくとよいかもしれません)
変更するのは
anon-access = none
auth-access = write
password-db = passwd
というのを書き込むだけです。
その後、同じディレクトリ中のpasswdを開いて、
project = ukkarihachibee
というような行を書き込みます。
ここで、projectというのはSVNサーバーにアクセスする時のユーザー名で、ukkarihachibeeというのはパスワードです。パスワードがそのまま書かれるというのは抵抗があるのですが、仕方ありません。リードの権限をうまく設定してセキュリティーを高めておきましょう。
そして、macbookからMac miniにアクセスするために/Users/hachibee/reposit二位どうした後に
svnserve -d
としておきます。(ディレクトリを移動する必要があるかどうかわかりませんが)
その後、macbookの方でターミナルを開いて、/Users/hachibee/tempというディレクトリを作ります。(つまりホームディレクトリの下にtempというディレクトリを作るということです。)
その下に、trunk, branches, tagsというディレクトリを作ります。
svn import /Users/hachibee/temp svn://192.168.2.1/Users/hachibee/reposit/Project-X -m "initial import"
というのを実行します。(一行で書いてください。)
ここで、/Users/hachibee/tempというディレクトリの中身がsubversionで管理される最初の構造、svn://192.168.2.1の部分はMac miniのIPアドレス、/Users/hachibee/repositは先ほどsvnadminで指定した場所で、Project-Xというのがこれからsubversionで管理してゆくプロジェクトの名前です。
また、-m "initial import"という部分でコメントをつけています。(コメントがない場合は -m "" としてもよいのですが、なるべくコメントをつける方がよいでしょう。)
hachibeeのパスワードを聞いてくるので、入力します。
さらにユーザーを聞いてくるので、projectと入力し、パスワードを聞いてきたらukkarihachibeeと入力します。(ここはpasswdに書いてあるものですね)
これで最初のインポート(登録のようなもののようです。)が完了しました。
もしかするとファイアーウォールの設定をしていると、アクセスが拒否されるかもしれません。
その場合、ファイアーウォールをきるか、ポート3690をあける必要があると思います。
ファイアーウォールをきったり、ポートをあけるというのはセキュリティー上リスクが伴いますので、その点を良く承知した上で実行してください。

さて、実際にファイルを編集したりする場所を設定します。
ここでは、/Users/hachibee/workというディレクトリを作って、そこで編集していくとします。
上記のディレクトリに移って、
svn checkout svn://192.168.2.1/Users/hachibee/reposit/Project-X .
と実行してみてください。
今いるディレクトリ(/Users/hachibee/work)のところにtrunk, branches, tagsというディレクトリができているはずです。
あとは、ここでファイルを作ったりしてゆけばよいのですが、ここで注意。
ファイルを作る時はsvn add、消す時はsvn deleteなどのように専用のコマンドを使わなければなりません。
この辺りはほかのサイトで勉強してください。(というか、私も今勉強中です。)
変更をサーバーにアップするのは
svn commit -m "コメント”
とします。(コメントはその時の変更点を書いておくとよいでしょう)
さあ、これで準備はできたと。
posted by ウッカリ八兵衛 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

MySQLサーバーとSVNサーバーをMacminiに立てます

いつもうちで電源が入っているMac miniにMySQLサーバーとSVNサーバーをたてる手順を書いていきます。
http://dev.mysql.comにいって、左上のDownloadsをクリックします。
画面中央のMySQL Community Serverの下のDownloadをクリックします。
一見すると画面がかわっていないように見えますが、画面をスクロールして下の方を見ると、いろいろとメニューが出てきています。
その中のMac OS X (package format)をクリックすると、その画面内のMac OSX 用の所に移動するので、ダウンロードするものの横のPick a mirrorをクリックします。(私の家のMac miniはPower PC G4で、OSはTigerなので、Mac OS X 10.4 (PowerPC, 32-bit)を選びました。intelMacならx86なのではないでしょうか)
ユーザー登録しても良いのですが、とりあえず No thanks, just take me to the downloads!をクリックしても良いのではないでしょうか。(私は以前登録した上にパスワードを忘れたのでこれをクリックしました。)
ミラーサイトを選ぶ画面になるので、日本の国旗の横のどれでも良いので(HTTP, FTP)クリックします。今回はHTTPを選びましたけど、前はFTPを選んだような...
ダウンロードしたmysql-5.0.45-osx10.4-powerpc.dmg(ダウンロードしたものの種類で名前は変わると思います)をダブルクリックして、マウントされたmysql-5.0.45-osx10.4-powerpcの中のmysql-5.0.45-osx10.4-powerpc.pkgをダブルクリックします。
基本的に”続ける”や”Agree”を選んでゆけは大丈夫でしょう。
次にMySQLStartupItem.pkgをダブルクリックします。
さらにMySQL.prefPaneをダブルクリックします。(これは環境設定の画面からMySQLをstart/stopできるようにするアプリケーションです。)
インストールするタイプとしては、”このコンピュータすべてのユーザー用にいんすとーるする”を選びます。(妻も使う事を想定して)
MySQLの環境設定画面が出てくるので、Automatically Start MySQL Server on Startupのチェックを外しておきます。(まだMySQLはstartしません)
次にMySQLの設定を行います。
今回は日本語表示として、UTF-8を使います。
sudo cp /usr/local/mysql/support-files/my-medium.cnf /etc/my.cnf
でパスワードを入力してファイルをコピーします。(root権限でログインしているならsudoはいりませんが)
さらに/etc/my.cnfをテキストエディタで開いてファイルを開いて中身を編集します。
編集するのは以下の4カ所(正確には5カ所)の追加です。(それぞれ、もとからあるものに付け足しの形で編集します。)

[client]
default-character-set = utf8

[mysqld]
default-character-set = utf8
skip-character-set-client-handshake

[mysqldump]
default-character-set = utf8

[mysql]
default-character-set = utf8

viの使い方はほかのサイトで勉強してください。
さらにmysqlの実行ファイルにパスを通します。
私はホームディレクトリの.bashrcに記述しました。(ほかのところでもよいとは思いますが)
.bashrcをテキストエディタで開いて、
PATH=/usr/local/mysql/bin:${PATH}
を追加します。

次はJavaの設定です。
同じく.bashrcの中に
alias javac='javac -J-Dfile.encoding=UTF-8'
alias java='java -Dfile.encoding=UTF-8'
alias javadoc='javadoc -J-Dfile.encoding=UTF-8 - docencoding UTF-8'
alias jar='jar -J-Dfile.encoding=UTF-8'
を追記します。
この設定で、javaの各種コマンドがUTF-8による入出力をしてくれるはずです。
さらに、この.bashrcをターミナルを開いたときに読んでくれるように、ホームディレクトリの.bash_profileに
source 〜/.bashrc
とかきました。(本当は必要ないかもしれませんが)

次にSubversion(以後SVNと省略)をインストールするためにMacPortsをインストールします。
まずはMacPorts、の前にXcode Tools(X11も)のインストールです。
OSX10.4のインストールディスクにもあるのですが、Apple's developper siteから最新版をダウンロードしてインストールした方が良いようです。
このあたりの事は、OSXでX11をインストールする方法として、また別に探してください。(私も以前やったのですが、覚えていないです。)
X11のインストールまですんだら、またまた.bashrcを開いて
PATH=/usr/local/mysql/bin:${PATH}
の所を
PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin:/usr/local/mysql/bin:${PATH}
(赤い所を追加)
とします。
さらに
export DISPLAY=:0.0
という行も追加しておきます。(X11のアプリケーションを実行するためだそうですが、Subversionだけのためならばいらないかも)

ようやくMac Portsのインストールです。
http://www.macports.org/にいって、左のメニューにあるDownloadsをクリックします。
さらにDownloads Directoryをクリックして、MacPorts-1.5.0/をクリックします。
一応私のMac miniもOSX 10.4なので、MacPorts-1.5.0-10.4.dmgをクリックしてダウンロードします。
ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてマウントし、中身のMacPorts-1.5.0.pkgをダブルクリックします。
基本的に続けるや同意するを選んでインストールします。(パスワードを一回聞かれますが)
その後Subversionのインストールに移ります。
きちんとMac Portsがインストールされていて、パスが通っていれば
sudo port install subversion
とターミナルで実行すればインストールされるはずです。(root権限であればsudoを最初につける必要はないと思います。)

これでおそらくSVNサーバーとMySQLサーバーの設定は終わりのはずです。
環境設定画面からMySQLをstartさせてデータベースを作っていきましょう。

posted by ウッカリ八兵衛 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

OSXでSubversion

Xcodeでプログラミングを始めてしばらくたちましたが、ようやくわかったことがあります。
それは”Xcodeを使うことは、バージョン管理とはほとんど関係ない(=ほとんど楽にならない)ということ。
というわけで、バージョン管理のためにSubversionをインストールすることにしました。
とりあえず、Subversionをインストールするために、Mac portをインストールしました。
インストール後にport install subversionとしてSubversionをインストール使用としたのですが、どうやらパスが通っていない様子。
ホームディレクトリの.profileにはちゃんとパスを設定しているようなので、変だなぁと思っていろいろしてみたら、ホームディレクトリの.bashrcに.profileの内容を書いてしまえば大丈夫ということがわかりました。(それまで、.bash_profileに書いたりいろいろしていたのですが)
とりあえず、これでSubversionをインストールできたので、次はsvnXのインストール。
といっても、svnXのdmgファイルをダウンロードして、ダブルックリックでマウントして、中身をアプリケーションフォルダにコピーしただけですけど。
早速立ち上げてみたら
ピクチャ 1.png
のようなメッセージが。
確かに、Subversionのコマンドであるsvnは/opt/local/binの下にありますからね。
それを指定してやらないと行けないのでしょう。
で、Open Preferenceをクリックすると、パスを指定する画面になったので、/opt/local/binを指定してやりました。
そうしたら、きちんと動くようになりました。
さて、後はどうやって我がプロジェクトに妻をひきこむか?(妻はある意味プロなんですよね。プログラミングは好きじゃないみたいですが)
いや、そもそも、何を作るプロジェクトを立ち上げるのか??
とりあえず、簡単なデータベース作成・閲覧ソフトを作ってみたいなぁと思っています。
また進展がありましたら少しずつ書いていくつもりです。

追伸 巨人ファンの皆様、おめでとうございます。中日ファンの皆様、ナゴヤドームで正々堂々の熱い試合をたのしみにしています。阪神ファンの皆様、クライマックスシリーズ、阪神を力の限り応援しましょう。
posted by ウッカリ八兵衛 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

今期は絶望的ですね。

少し前までは奇跡的な勝利を続けていたタイガース。
ここで地力の差が出てしまったようです。
他の上位2チームが順調に勝ち星を重ねるなかで、ヤクルトに連敗。
3ヶ月ぶりの3連敗だそうです。

いろいろ原因はあるでしょう。
ただ、何が起こっているかだけは確かです。
先発と中継ぎが点を取られ過ぎです。
JFKが出る前に試合が終わってます。
この終盤での1.5差、阪神の選手たちは今どう思っているのでしょう。
CSがあるからそこでがんばろう?
だめです、ここでがんばれないのにCSでがんばれるはずがありません。
いや、きっと
とっても悔しくて、宿舎に帰ってみんな泣いている
のでしょう。
そうであってください。
そして、今日からもう一度、奇跡の快進撃を見せてください。
posted by ウッカリ八兵衛 at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

山種美術館にいってきました

山種美術館に行ってきました。
川合玉堂展をやっていたもので。
といっても、私は全くこの方のことを知りませんでした。
妻がファンだったので、ついていったんですよ。
私の方は、全くそちらの知識はないのですが、結構あたりが多いというか、行ってみると気に入った絵と出会えることが多いんですよ。
今回も、3つほどよい絵と出会えました。
一つ目は夕焼けに映える山の絵。
もう一つは、朝もやに浮かび上がる水車のある風景。
そして、春先の梅林と竹林。
三枚とも、軽やかな動きのある、それでいて力強い、心を打つ絵でした。
何よりすごいのは、この方83歳で他界されているのですが、その直前まで絵が進歩し続けていることです。
老いて益々盛んということで、三国志の黄忠の様な方だなぁと尊敬してしまいました。
帰りには、妻がいっぱい絵はがきを買ってましたが、気を利かせてくれたようで、”夕焼けに映える山の絵”を買っておいてくれました。
この企画展は11月までやっているみたいなので、もう一回行ってみようと思っています。
皆様も興味がありましたらぜひいってみてください。

それではごきげんよう。
posted by ウッカリ八兵衛 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

GarageBandで作曲してみた

さて、今日はGarageBandで作曲してみました。
(音が鳴ります。注意してください)

使い方は簡単。
ただ、macbookで初めて使う時は、サンプル音源を読み込むために付属のDVDの2枚目が必要です。(ネット経由でも読み込めるみたいですが、私はできませんでした。)

で、早速使い方。
まず、GarageBandを起動したら、左下の”目”みたいなマークをクリックします。
すると、下の方にボタンがいっぱい出てきます。(ベースだのギターだのドラムだの書いてあります。)
それをいろいろクリックすると、ボタンの右の方にサンプル音源が出てきます。
私のmacbookでは最初すべて灰色で、それをクリックするとサンプル音源をインストールしますか?というようなウィンドウがでてきました。
そこで、DVDからインストールするのを選択して、macbook付属DVDの2枚目をいれて、インストールします。(詳しい操作は忘れてしまいました。)
インストールが終わると、ボタンの右に表示されるサンプル音源が黒くなりますので、適当にダブルクリックしてみます。
すると、その音源が流れてきます。
そうして気にいった音が見つかったら、それを上の方にドラッグ&ドロップで貼付けます。
それを繰り返して曲を作ってゆきます。

ただ、素人の限界として、主旋律を作ること難しそうです。
(主旋律を作るとなると、やっぱり音符が読めないことには話にならなさそうですね)
いっそのこと、少し勉強してみましょうか、なんて思ったりして。

次のアップは今のところネタを考えていません。
もしかしたら、今日行った美術館のことなんかを気が向いたら書くかもしれません。

それではごきげんよう。
posted by ウッカリ八兵衛 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

昨日はやっと連敗ストップ

昨日は阪神がやっと連敗をストップしました。
いやー、この三連戦、広島つよかったですね。
この調子で明日から巨人をやっつけてほしいものです。

さて、今日から阪神は中日との三連戦。
なんとか勝ち越したい所ですが、最低でも1勝2敗でしのぎたいですね。
今のところ、負けてるみたいですが・・・

明日は、GarageBandによる初めての作曲についてのブログにします。
思ったより簡単ですし、結構面白いんですよ、これが。
もし、できるようであれば音楽ファイルをアップロードしたいですね。
それではごきげんよう
posted by ウッカリ八兵衛 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

Xcodeでプログラミング

macbookを注文してから、ずっと楽しみにしていたのが、実はXcodeです。
Xcodeは”統合開発環境”という、なにやら物々しい名前のものです。
でも、簡単にいうと、プログラミングする時にいろいろと助けてくれる頼りになるやつってことらしいです。
間違っているところを見つけるのを助けてくれたり、バージョン管理(少しずつ作り上げてゆく時の途中段階を管理してくれることですね)してくれたり。
今までは、すべて自分でファイル名を考えたりエラーメッセージから推測したりしてたのですが、これでかなり楽になりそう。

といっても、私はプログラミングに関してはどしろうとですから、いきなり大きなことはできません。
とりあえず、Hello worldって出すところからやってます。
目指すは持っている本のデータベース化です。
いや、そんなのしてどうするのというのはなしで。
やったところで何の役にも立たないことができるというのも、素人プログラマーのいいところですしね。

今日は阪神が久々に勝ちそうなので、明日は阪神ネタにしましょうか。
posted by ウッカリ八兵衛 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。