2007年02月03日

逆転裁判

さて、今日は最近はまったゲームの、”逆転裁判1、2、3”について書きます。
最初は携帯アプリで始めてはまったのですが、たまたまWindowsのソフトで3つセットになっていたので衝動買いしてしまいました。
いいですね。なんだか、思いっきり“やられた!”っておもいました。
(とっても良い意味で)
ストーリー、音楽、ゲーム性、どれをとってもここ数年で一番のゲームでした。
これに匹敵するものと言えば、PS2のMissing parts A, Bでしょうか。
あと、太閤立志伝も良かったですね。

で、このゲーム元々はゲームボーイアドバンスのものだったそうで、今はやりの”リアルなグラフィック”とやらとは無縁のものなんですね。
でも面白いからついついやってしまう。
きっとnintendo DSの売れてるソフトとか、Wiiのソフトとかもそういうものなんでしょう。
(脳トレにきれいなグラフィックなんて必要ないでしょうし)
つまり、”きれいなグラフィック”を持った面白いゲームは存在しうるとしても、きれいなグラフィックを持った”面白くないゲーム”も同じように存在しうる訳です。
という事は、”きれいなグラフィックが売りのゲーム”というのは、逆にそれしかネタにならないものな事が多いでしょうから、面白くない可能性が高いと考えるのは飛躍し過ぎでしょうかね。
たとえ飛躍し過ぎであったとしても、私の経験ではそうである事が多いように思います。
最近買った一番面白くない(というか腹立たしい)ゲームは、”闇夜にささやく”とかいうやつです。
ほんとに一回だけしかやってませんが、やり終わった後(一応エンディングはみました)”やってしもうた!!”って思いましたね。
(最悪の意味で)
確かにきれいに描かれた女性はいっぱい出てきます。
それはもう、執念すら感じるほどです。(今はやりのメイド服の女性もいましたかね)
でも、どこにゲームとしての面白さがあったのか、私には最後までわかりませんでした。
”きっとそのうちに面白い展開があるに違いない”と思っていたら、あっけなく終わってしまいました。
たとえ、マルチエンドだったとしても、”二度と”遊びたくありません。
一応”本格推理ゲーム”とかなんとか、宣伝文句があったと思うのですが。
百歩ゆずって、本格ではなかったとしても、いったいどこに”推理”の要素があったのでしょう。
(当てずっぽうで選ぶしかなく、しかも一方が正解で一方が不正解という、理不尽な選択肢は山ほどあったように思いますが)

と、まあ、あのときの憤りがよみがえってきて、ついついヒートアップしてしまいましたが、とにかく言いたいのは
”グラフィックがきれいだろうが何だろうがどうでも良いから、とにかく面白いゲームを作ってほしい”
という事です。
一つのゲームで万人にとって面白いゲームを作るのは無理でしょうから、いろいろなパターンの楽しいゲームを作って、いっぱい出してくれたらいいですね。
ゲーム一つ作るのに多額の開発費がかかるというなら、削るべきところはばっさり削るべきです。
気合いの入った女性の絵がいっぱい見たい人向けのゲームもあっても良いし(今はこのタイプしかなくなってしまっているように思いますが)、グラフィックはヘボヘボでストーリーの良いゲームも欲しいですし、ストーリーもグラフィックもへぼいけど反射神経の限界に挑戦しているようなすごい動きのゲームもいいでしょう。
そういういろんなゲームがいっぱい出てくるような、そう、10年前のような時代がもう一度きてほしいなと、切に願う次第です。
(あ、nintendo DSではそうなっているのかもしれませんね。となると、私もnintendo DS買うしかないのかな)
posted by ウッカリ八兵衛 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

一番盛り上がっているのは私なのかもしれません

先日、”Vistaが動くノートパソコンは半分くらいしかなくて、しかも動くやつは高いのではないか”といったのですが、調べてみたところ安いやつでもVista Home premiumがインストールされているのがありました。(10万円くらいです)
もう少し下調べしないといけませんね。
というわけで、Vista搭載のノートPCという選択肢もない訳ではないという事になりました。
後は好みの問題でしょう。
私はがんばってMakBookを買います。

これにてVistaネタはいったん終わりにして、明日(?)は最近はまったゲームの事に付いて書きましょう。
posted by ウッカリ八兵衛 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

なぜWindows Vistaがいらないのか

前の記事で、”Vistaのaeroは私にはいらない”とかきましたが、本当はVistaの機能自体は使えると思うのです。
でも、私にとってVistaは今のところ全くいらないものなのです。
これには訳がありまして、私が欲しいのはノートPCだからです。

Vistaの目玉機能は
1. Aero
2. 強力な検索機能
3. 進化したセキュリティー
だと思うのですが、これらが本当に使えるとしたら非常に魅力的です。
しかし、

1. Aeroはとっても高性能なグラフィックチップが必要
おそらく、今出ているVista対応のPCでも、Aeroが使えないものは結構あるでしょう。
きっと、ノートPCは半分くらいだめなのではないでしょうか。
でも、誤解しないでください。Aeroが使えなくても、Home Basicというバージョンを使える性能があれば”Vista対応”といっても詐欺ではないのです。
私にとっては、Vistaの目玉機能の一つ(しかも、おそらく一番の目玉)が使えないのに”Vista対応”と書くのはどうかと思うのですが。
Aeroの使えないVistaに魅力はほとんどないといってよいでしょう。(私にとっては)
そういう訳で、Vista(というより、Home Basic搭載のノートPC)はいらないという事になります。
そんなのを買うくらいなら、MacBookを買いますから。

2. Microsoftが”強化されたセキュリティー”といっても、そのままそれを信じる気にはなれません。
信じる・信じないは人それぞれだと思います。
でも、今まであれほど多くの”深刻な脆弱性”が発見されていたWindowsが、Vistaになったから安全だなんて思えません。
少なくとも、3年ほどは様子を見たいところです。
やっぱり、ここ数年内に買うとしたら、Vista搭載のノートPCはありません。

3. 検索機能にはそれほど必要性を感じません。
ファイルはきちんと自分で管理すれば良いのです。
今のところ、自分で管理できないほどの大量なデータは持っていません。(自宅では)
どうしてもというなら、Mac OSXにもSpolightという検索機能がありますし。
それにしても、この検索機能を使うと、結構重たくなるんじゃないのでしょうか。
ファイルを作ったり、移動させたりするたびに、その情報をどこかにためる訳ですから。
そんな事にCPUのパワーを使って、処理を重たくしたくはないですね。
だから、この機能はおそらく使う事はないでしょう。(もしこの機能自体をOFFにできるのなら、買ったその日にOFFにする事でしょう)
という事は、検索機能を目当てにVista搭載機買うということはないですね。

もちろん、20万円くらいのノートPCならAeroも使えるかもしれませんし、検索機能もサクサク動いて、快適なのかもしれません。
でも、そんなのを買うくらいなら、15万円くらいでMakBookを買った方が良いと思われるのです。
どうしてもWindowsのノートPCが欲しくなったら、BootCamptとかparallelsで入れれば良いですし。

ただ、いずれはVistaを使わなければならない日がくるのだろうとはおもいます。
手持ちのWindows XP機が壊れたときなどにですけど。
そんな日がくるのをなるべく遅らせるために、せいぜいXP機を大事に使いますかね。

posted by ウッカリ八兵衛 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。