2007年09月15日

GarageBandで作曲してみた

さて、今日はGarageBandで作曲してみました。
(音が鳴ります。注意してください)

使い方は簡単。
ただ、macbookで初めて使う時は、サンプル音源を読み込むために付属のDVDの2枚目が必要です。(ネット経由でも読み込めるみたいですが、私はできませんでした。)

で、早速使い方。
まず、GarageBandを起動したら、左下の”目”みたいなマークをクリックします。
すると、下の方にボタンがいっぱい出てきます。(ベースだのギターだのドラムだの書いてあります。)
それをいろいろクリックすると、ボタンの右の方にサンプル音源が出てきます。
私のmacbookでは最初すべて灰色で、それをクリックするとサンプル音源をインストールしますか?というようなウィンドウがでてきました。
そこで、DVDからインストールするのを選択して、macbook付属DVDの2枚目をいれて、インストールします。(詳しい操作は忘れてしまいました。)
インストールが終わると、ボタンの右に表示されるサンプル音源が黒くなりますので、適当にダブルクリックしてみます。
すると、その音源が流れてきます。
そうして気にいった音が見つかったら、それを上の方にドラッグ&ドロップで貼付けます。
それを繰り返して曲を作ってゆきます。

ただ、素人の限界として、主旋律を作ること難しそうです。
(主旋律を作るとなると、やっぱり音符が読めないことには話にならなさそうですね)
いっそのこと、少し勉強してみましょうか、なんて思ったりして。

次のアップは今のところネタを考えていません。
もしかしたら、今日行った美術館のことなんかを気が向いたら書くかもしれません。

それではごきげんよう。
posted by ウッカリ八兵衛 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。