2007年10月09日

SVNサーバーをたてました

いよいよProject開始です。
うちには妻が主に使うMac miniと私がよく使うmacbookがあります。これらにはIPアドレスを設定してあって、ここでは
Mac mini : 192.168.2.1
macbook : 192.168.2.2
として話を進めます。
また、Mac miniにもmacbookにもhachibeeという私のアカウントがあって、そのホームディレクトリが/Users/hachibeeであるとします。

まず、SVNサーバーにはMac miniを使います。(こいつは常に電源が入っているので)
ということで、Mac miniでターミナルを開いて、/Users/hachibee/repositというディレクトリを作ります。(ホームディレクトリの下にrepositというディレクトリを作るということですね)
その上で
sudo svnadmin create /Users/hachibee/reposit
とします。
その後、/Users/hachibee/reposit/confにいって、snvserve.confを編集します。(一応このファイルをコピーしておくとよいかもしれません)
変更するのは
anon-access = none
auth-access = write
password-db = passwd
というのを書き込むだけです。
その後、同じディレクトリ中のpasswdを開いて、
project = ukkarihachibee
というような行を書き込みます。
ここで、projectというのはSVNサーバーにアクセスする時のユーザー名で、ukkarihachibeeというのはパスワードです。パスワードがそのまま書かれるというのは抵抗があるのですが、仕方ありません。リードの権限をうまく設定してセキュリティーを高めておきましょう。
そして、macbookからMac miniにアクセスするために/Users/hachibee/reposit二位どうした後に
svnserve -d
としておきます。(ディレクトリを移動する必要があるかどうかわかりませんが)
その後、macbookの方でターミナルを開いて、/Users/hachibee/tempというディレクトリを作ります。(つまりホームディレクトリの下にtempというディレクトリを作るということです。)
その下に、trunk, branches, tagsというディレクトリを作ります。
svn import /Users/hachibee/temp svn://192.168.2.1/Users/hachibee/reposit/Project-X -m "initial import"
というのを実行します。(一行で書いてください。)
ここで、/Users/hachibee/tempというディレクトリの中身がsubversionで管理される最初の構造、svn://192.168.2.1の部分はMac miniのIPアドレス、/Users/hachibee/repositは先ほどsvnadminで指定した場所で、Project-Xというのがこれからsubversionで管理してゆくプロジェクトの名前です。
また、-m "initial import"という部分でコメントをつけています。(コメントがない場合は -m "" としてもよいのですが、なるべくコメントをつける方がよいでしょう。)
hachibeeのパスワードを聞いてくるので、入力します。
さらにユーザーを聞いてくるので、projectと入力し、パスワードを聞いてきたらukkarihachibeeと入力します。(ここはpasswdに書いてあるものですね)
これで最初のインポート(登録のようなもののようです。)が完了しました。
もしかするとファイアーウォールの設定をしていると、アクセスが拒否されるかもしれません。
その場合、ファイアーウォールをきるか、ポート3690をあける必要があると思います。
ファイアーウォールをきったり、ポートをあけるというのはセキュリティー上リスクが伴いますので、その点を良く承知した上で実行してください。

さて、実際にファイルを編集したりする場所を設定します。
ここでは、/Users/hachibee/workというディレクトリを作って、そこで編集していくとします。
上記のディレクトリに移って、
svn checkout svn://192.168.2.1/Users/hachibee/reposit/Project-X .
と実行してみてください。
今いるディレクトリ(/Users/hachibee/work)のところにtrunk, branches, tagsというディレクトリができているはずです。
あとは、ここでファイルを作ったりしてゆけばよいのですが、ここで注意。
ファイルを作る時はsvn add、消す時はsvn deleteなどのように専用のコマンドを使わなければなりません。
この辺りはほかのサイトで勉強してください。(というか、私も今勉強中です。)
変更をサーバーにアップするのは
svn commit -m "コメント”
とします。(コメントはその時の変更点を書いておくとよいでしょう)
さあ、これで準備はできたと。
posted by ウッカリ八兵衛 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。