2005年11月26日

Finkインストール

X11を入れたら、次に入れるのはFinkでしょう。これを入れる事で、Linux (Debian?)にある豊富なソフトウェアを、しかも無料で利用する事ができます。
とはいえ、ちょっとこつがいるんですね、これが。
いえ、Finkのインストール自体は簡単なんですよ。
1.
http://fink.sourceforge.net/
にアクセスして、”ダウンロード”からFink 0.8.0をダウンロードする。

2.
ダウンロードしてきたFink-0.8.0-Installer.dmgをダブルクリックする。(ディスクイメージがマウントされ、Finderの左上に”Fink-0,8,0-installer”というのが出てくる。

3.
自動的にそのイメージがFinderで開かれるはずであるが、もし開かれなかったらディスクイメージをダブルクリックする。その中に”Fink 0.8.0 installer.pkg”というのがあるので、それをダブルクリックする。

4.
あとは質問に適当に答えていけば(だいたいは”NEXT”とか”YES”とか”OK”をクリックしていけば良いはず)インストールは完了。

ただ、OSX Tiger用のプログラムはまだunstableなものが多いので、そのままだとインストールできないソフトが多い。特にkinput2やcannnaは日本語を扱うために必須であるので、ちょっと設定を変えなければならない。そのためには/sw/etc/fink.confに対して以下の修正を行う。

(上から4行目)
Tree: local/main stable/main stable/crypto

Tree: local/main stable/main stable/crypto unstable/main unstable/crypto

とする。

後はFinkの使い方を参照にソフトをインストールしてください.

次はいよいよnethackでもインストールしてみますかね。


【関連する記事】
posted by ウッカリ八兵衛 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Fink OSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。