2007年10月08日

MySQLサーバーとSVNサーバーをMacminiに立てます

いつもうちで電源が入っているMac miniにMySQLサーバーとSVNサーバーをたてる手順を書いていきます。
http://dev.mysql.comにいって、左上のDownloadsをクリックします。
画面中央のMySQL Community Serverの下のDownloadをクリックします。
一見すると画面がかわっていないように見えますが、画面をスクロールして下の方を見ると、いろいろとメニューが出てきています。
その中のMac OS X (package format)をクリックすると、その画面内のMac OSX 用の所に移動するので、ダウンロードするものの横のPick a mirrorをクリックします。(私の家のMac miniはPower PC G4で、OSはTigerなので、Mac OS X 10.4 (PowerPC, 32-bit)を選びました。intelMacならx86なのではないでしょうか)
ユーザー登録しても良いのですが、とりあえず No thanks, just take me to the downloads!をクリックしても良いのではないでしょうか。(私は以前登録した上にパスワードを忘れたのでこれをクリックしました。)
ミラーサイトを選ぶ画面になるので、日本の国旗の横のどれでも良いので(HTTP, FTP)クリックします。今回はHTTPを選びましたけど、前はFTPを選んだような...
ダウンロードしたmysql-5.0.45-osx10.4-powerpc.dmg(ダウンロードしたものの種類で名前は変わると思います)をダブルクリックして、マウントされたmysql-5.0.45-osx10.4-powerpcの中のmysql-5.0.45-osx10.4-powerpc.pkgをダブルクリックします。
基本的に”続ける”や”Agree”を選んでゆけは大丈夫でしょう。
次にMySQLStartupItem.pkgをダブルクリックします。
さらにMySQL.prefPaneをダブルクリックします。(これは環境設定の画面からMySQLをstart/stopできるようにするアプリケーションです。)
インストールするタイプとしては、”このコンピュータすべてのユーザー用にいんすとーるする”を選びます。(妻も使う事を想定して)
MySQLの環境設定画面が出てくるので、Automatically Start MySQL Server on Startupのチェックを外しておきます。(まだMySQLはstartしません)
次にMySQLの設定を行います。
今回は日本語表示として、UTF-8を使います。
sudo cp /usr/local/mysql/support-files/my-medium.cnf /etc/my.cnf
でパスワードを入力してファイルをコピーします。(root権限でログインしているならsudoはいりませんが)
さらに/etc/my.cnfをテキストエディタで開いてファイルを開いて中身を編集します。
編集するのは以下の4カ所(正確には5カ所)の追加です。(それぞれ、もとからあるものに付け足しの形で編集します。)

[client]
default-character-set = utf8

[mysqld]
default-character-set = utf8
skip-character-set-client-handshake

[mysqldump]
default-character-set = utf8

[mysql]
default-character-set = utf8

viの使い方はほかのサイトで勉強してください。
さらにmysqlの実行ファイルにパスを通します。
私はホームディレクトリの.bashrcに記述しました。(ほかのところでもよいとは思いますが)
.bashrcをテキストエディタで開いて、
PATH=/usr/local/mysql/bin:${PATH}
を追加します。

次はJavaの設定です。
同じく.bashrcの中に
alias javac='javac -J-Dfile.encoding=UTF-8'
alias java='java -Dfile.encoding=UTF-8'
alias javadoc='javadoc -J-Dfile.encoding=UTF-8 - docencoding UTF-8'
alias jar='jar -J-Dfile.encoding=UTF-8'
を追記します。
この設定で、javaの各種コマンドがUTF-8による入出力をしてくれるはずです。
さらに、この.bashrcをターミナルを開いたときに読んでくれるように、ホームディレクトリの.bash_profileに
source 〜/.bashrc
とかきました。(本当は必要ないかもしれませんが)

次にSubversion(以後SVNと省略)をインストールするためにMacPortsをインストールします。
まずはMacPorts、の前にXcode Tools(X11も)のインストールです。
OSX10.4のインストールディスクにもあるのですが、Apple's developper siteから最新版をダウンロードしてインストールした方が良いようです。
このあたりの事は、OSXでX11をインストールする方法として、また別に探してください。(私も以前やったのですが、覚えていないです。)
X11のインストールまですんだら、またまた.bashrcを開いて
PATH=/usr/local/mysql/bin:${PATH}
の所を
PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin:/usr/local/mysql/bin:${PATH}
(赤い所を追加)
とします。
さらに
export DISPLAY=:0.0
という行も追加しておきます。(X11のアプリケーションを実行するためだそうですが、Subversionだけのためならばいらないかも)

ようやくMac Portsのインストールです。
http://www.macports.org/にいって、左のメニューにあるDownloadsをクリックします。
さらにDownloads Directoryをクリックして、MacPorts-1.5.0/をクリックします。
一応私のMac miniもOSX 10.4なので、MacPorts-1.5.0-10.4.dmgをクリックしてダウンロードします。
ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてマウントし、中身のMacPorts-1.5.0.pkgをダブルクリックします。
基本的に続けるや同意するを選んでインストールします。(パスワードを一回聞かれますが)
その後Subversionのインストールに移ります。
きちんとMac Portsがインストールされていて、パスが通っていれば
sudo port install subversion
とターミナルで実行すればインストールされるはずです。(root権限であればsudoを最初につける必要はないと思います。)

これでおそらくSVNサーバーとMySQLサーバーの設定は終わりのはずです。
環境設定画面からMySQLをstartさせてデータベースを作っていきましょう。

posted by ウッカリ八兵衛 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

OSXでSubversion

Xcodeでプログラミングを始めてしばらくたちましたが、ようやくわかったことがあります。
それは”Xcodeを使うことは、バージョン管理とはほとんど関係ない(=ほとんど楽にならない)ということ。
というわけで、バージョン管理のためにSubversionをインストールすることにしました。
とりあえず、Subversionをインストールするために、Mac portをインストールしました。
インストール後にport install subversionとしてSubversionをインストール使用としたのですが、どうやらパスが通っていない様子。
ホームディレクトリの.profileにはちゃんとパスを設定しているようなので、変だなぁと思っていろいろしてみたら、ホームディレクトリの.bashrcに.profileの内容を書いてしまえば大丈夫ということがわかりました。(それまで、.bash_profileに書いたりいろいろしていたのですが)
とりあえず、これでSubversionをインストールできたので、次はsvnXのインストール。
といっても、svnXのdmgファイルをダウンロードして、ダブルックリックでマウントして、中身をアプリケーションフォルダにコピーしただけですけど。
早速立ち上げてみたら
ピクチャ 1.png
のようなメッセージが。
確かに、Subversionのコマンドであるsvnは/opt/local/binの下にありますからね。
それを指定してやらないと行けないのでしょう。
で、Open Preferenceをクリックすると、パスを指定する画面になったので、/opt/local/binを指定してやりました。
そうしたら、きちんと動くようになりました。
さて、後はどうやって我がプロジェクトに妻をひきこむか?(妻はある意味プロなんですよね。プログラミングは好きじゃないみたいですが)
いや、そもそも、何を作るプロジェクトを立ち上げるのか??
とりあえず、簡単なデータベース作成・閲覧ソフトを作ってみたいなぁと思っています。
また進展がありましたら少しずつ書いていくつもりです。

追伸 巨人ファンの皆様、おめでとうございます。中日ファンの皆様、ナゴヤドームで正々堂々の熱い試合をたのしみにしています。阪神ファンの皆様、クライマックスシリーズ、阪神を力の限り応援しましょう。
posted by ウッカリ八兵衛 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

GarageBandで作曲してみた

さて、今日はGarageBandで作曲してみました。
(音が鳴ります。注意してください)

使い方は簡単。
ただ、macbookで初めて使う時は、サンプル音源を読み込むために付属のDVDの2枚目が必要です。(ネット経由でも読み込めるみたいですが、私はできませんでした。)

で、早速使い方。
まず、GarageBandを起動したら、左下の”目”みたいなマークをクリックします。
すると、下の方にボタンがいっぱい出てきます。(ベースだのギターだのドラムだの書いてあります。)
それをいろいろクリックすると、ボタンの右の方にサンプル音源が出てきます。
私のmacbookでは最初すべて灰色で、それをクリックするとサンプル音源をインストールしますか?というようなウィンドウがでてきました。
そこで、DVDからインストールするのを選択して、macbook付属DVDの2枚目をいれて、インストールします。(詳しい操作は忘れてしまいました。)
インストールが終わると、ボタンの右に表示されるサンプル音源が黒くなりますので、適当にダブルクリックしてみます。
すると、その音源が流れてきます。
そうして気にいった音が見つかったら、それを上の方にドラッグ&ドロップで貼付けます。
それを繰り返して曲を作ってゆきます。

ただ、素人の限界として、主旋律を作ること難しそうです。
(主旋律を作るとなると、やっぱり音符が読めないことには話にならなさそうですね)
いっそのこと、少し勉強してみましょうか、なんて思ったりして。

次のアップは今のところネタを考えていません。
もしかしたら、今日行った美術館のことなんかを気が向いたら書くかもしれません。

それではごきげんよう。
posted by ウッカリ八兵衛 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

Xcodeでプログラミング

macbookを注文してから、ずっと楽しみにしていたのが、実はXcodeです。
Xcodeは”統合開発環境”という、なにやら物々しい名前のものです。
でも、簡単にいうと、プログラミングする時にいろいろと助けてくれる頼りになるやつってことらしいです。
間違っているところを見つけるのを助けてくれたり、バージョン管理(少しずつ作り上げてゆく時の途中段階を管理してくれることですね)してくれたり。
今までは、すべて自分でファイル名を考えたりエラーメッセージから推測したりしてたのですが、これでかなり楽になりそう。

といっても、私はプログラミングに関してはどしろうとですから、いきなり大きなことはできません。
とりあえず、Hello worldって出すところからやってます。
目指すは持っている本のデータベース化です。
いや、そんなのしてどうするのというのはなしで。
やったところで何の役にも立たないことができるというのも、素人プログラマーのいいところですしね。

今日は阪神が久々に勝ちそうなので、明日は阪神ネタにしましょうか。
posted by ウッカリ八兵衛 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

初無線LAN

初の無線LANです。
mac miniを母艦としてmacbookをつないでみました。

1.mac miniの法で、システム環境設定の共有からインターネットタブを選んで、共有を開始する。
2.AirMacオプションでネットワーク名を設定します。(後でmacbookの方で入力または選択するので覚えておいてください)WEPは40ビットでも128ビットでもいいので、パスワードを入力して覚えておきましょう。

3.macbookの方で、システム環境設定のネットワークを選んで、下の方のアシスタントをクリックします。
4.新しく開いたウィンドウのアシスタントをクリックします。
5.ネットワーク環境名を設定します。(多分デフォルトでよいでしょう)続けるをクリックします。
6.AirMacを使用してインターネットにワイヤレスで接続します。が選ばれていることを確認します。(選ばれていなければ、選択します)続けるをクリックします。
7.ワイヤレスネットワークを選択します。2.で設定したネットワーク名です。2.で設定したパスワードを入力します。続けるをクリックします。
7.続けるをクリックします。
8.なぜか一回目はネットワーク接続を確立できませんでいたとでるので、OKをクリックします。
9.改めて続けるをクリックすると、接続しましたと出るので、完了をクリックします。
10.ネットワーク設定はほかのアプリケーションによって変更されました。と出ているので、OKをクリックする。

必ず成功するとは限りませんが、(mac miniの方でファイアーウォールをきらないといけないという情報もあります)参考にしてください.
なお、この件で質問していただいても、ここに書いている以上のことはわかりませんので、あらかじめご了承ください。

posted by ウッカリ八兵衛 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(2) | Mac 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。