2007年12月01日

ちりとてちん

久々に面白く、奥が深いと通の間で話題沸騰中にもかかわらず、それほど視聴率が伸びないふしぎなNHK朝の連続テレビ小説”ちりとてちん”。
自分自身は見ることができないので、毎日妻の話を面白く聞いていました。
で、今日BS2で一週間分土曜日に見ることができるということを知って、今まで見ていました。
いやぁ、面白いですね。特に4弟子がいい味出してます。
フィギュアスケートを見るために導入したBSがこんなところで役に立つとは。
視聴率がそれほど伸びていないのが不思議です。
あれを見ていると、落語を聞きにいきたくなりますよ。
このドラマのおかげで、落語ブームが来たりして。

ただ、ブームになるのは良し悪しのところがありますね。
落語の入場券が手に入りにくくなったりして。
いや、もしかしたら、今でも手に入りにくいのかもしれませんが。

何にしても、今の笑いにちょっと疲れてしまった方とか、今のドラマに物足りなさを感じる方には、”ちりとてちん”おすすめです。





posted by ウッカリ八兵衛 at 11:28| Comment(18) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

SVNサーバーをたてました

いよいよProject開始です。
うちには妻が主に使うMac miniと私がよく使うmacbookがあります。これらにはIPアドレスを設定してあって、ここでは
Mac mini : 192.168.2.1
macbook : 192.168.2.2
として話を進めます。
また、Mac miniにもmacbookにもhachibeeという私のアカウントがあって、そのホームディレクトリが/Users/hachibeeであるとします。

まず、SVNサーバーにはMac miniを使います。(こいつは常に電源が入っているので)
ということで、Mac miniでターミナルを開いて、/Users/hachibee/repositというディレクトリを作ります。(ホームディレクトリの下にrepositというディレクトリを作るということですね)
その上で
sudo svnadmin create /Users/hachibee/reposit
とします。
その後、/Users/hachibee/reposit/confにいって、snvserve.confを編集します。(一応このファイルをコピーしておくとよいかもしれません)
変更するのは
anon-access = none
auth-access = write
password-db = passwd
というのを書き込むだけです。
その後、同じディレクトリ中のpasswdを開いて、
project = ukkarihachibee
というような行を書き込みます。
ここで、projectというのはSVNサーバーにアクセスする時のユーザー名で、ukkarihachibeeというのはパスワードです。パスワードがそのまま書かれるというのは抵抗があるのですが、仕方ありません。リードの権限をうまく設定してセキュリティーを高めておきましょう。
そして、macbookからMac miniにアクセスするために/Users/hachibee/reposit二位どうした後に
svnserve -d
としておきます。(ディレクトリを移動する必要があるかどうかわかりませんが)
その後、macbookの方でターミナルを開いて、/Users/hachibee/tempというディレクトリを作ります。(つまりホームディレクトリの下にtempというディレクトリを作るということです。)
その下に、trunk, branches, tagsというディレクトリを作ります。
svn import /Users/hachibee/temp svn://192.168.2.1/Users/hachibee/reposit/Project-X -m "initial import"
というのを実行します。(一行で書いてください。)
ここで、/Users/hachibee/tempというディレクトリの中身がsubversionで管理される最初の構造、svn://192.168.2.1の部分はMac miniのIPアドレス、/Users/hachibee/repositは先ほどsvnadminで指定した場所で、Project-Xというのがこれからsubversionで管理してゆくプロジェクトの名前です。
また、-m "initial import"という部分でコメントをつけています。(コメントがない場合は -m "" としてもよいのですが、なるべくコメントをつける方がよいでしょう。)
hachibeeのパスワードを聞いてくるので、入力します。
さらにユーザーを聞いてくるので、projectと入力し、パスワードを聞いてきたらukkarihachibeeと入力します。(ここはpasswdに書いてあるものですね)
これで最初のインポート(登録のようなもののようです。)が完了しました。
もしかするとファイアーウォールの設定をしていると、アクセスが拒否されるかもしれません。
その場合、ファイアーウォールをきるか、ポート3690をあける必要があると思います。
ファイアーウォールをきったり、ポートをあけるというのはセキュリティー上リスクが伴いますので、その点を良く承知した上で実行してください。

さて、実際にファイルを編集したりする場所を設定します。
ここでは、/Users/hachibee/workというディレクトリを作って、そこで編集していくとします。
上記のディレクトリに移って、
svn checkout svn://192.168.2.1/Users/hachibee/reposit/Project-X .
と実行してみてください。
今いるディレクトリ(/Users/hachibee/work)のところにtrunk, branches, tagsというディレクトリができているはずです。
あとは、ここでファイルを作ったりしてゆけばよいのですが、ここで注意。
ファイルを作る時はsvn add、消す時はsvn deleteなどのように専用のコマンドを使わなければなりません。
この辺りはほかのサイトで勉強してください。(というか、私も今勉強中です。)
変更をサーバーにアップするのは
svn commit -m "コメント”
とします。(コメントはその時の変更点を書いておくとよいでしょう)
さあ、これで準備はできたと。
posted by ウッカリ八兵衛 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

山種美術館にいってきました

山種美術館に行ってきました。
川合玉堂展をやっていたもので。
といっても、私は全くこの方のことを知りませんでした。
妻がファンだったので、ついていったんですよ。
私の方は、全くそちらの知識はないのですが、結構あたりが多いというか、行ってみると気に入った絵と出会えることが多いんですよ。
今回も、3つほどよい絵と出会えました。
一つ目は夕焼けに映える山の絵。
もう一つは、朝もやに浮かび上がる水車のある風景。
そして、春先の梅林と竹林。
三枚とも、軽やかな動きのある、それでいて力強い、心を打つ絵でした。
何よりすごいのは、この方83歳で他界されているのですが、その直前まで絵が進歩し続けていることです。
老いて益々盛んということで、三国志の黄忠の様な方だなぁと尊敬してしまいました。
帰りには、妻がいっぱい絵はがきを買ってましたが、気を利かせてくれたようで、”夕焼けに映える山の絵”を買っておいてくれました。
この企画展は11月までやっているみたいなので、もう一回行ってみようと思っています。
皆様も興味がありましたらぜひいってみてください。

それではごきげんよう。
posted by ウッカリ八兵衛 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

ソニーのRollyが話題です。

昨日予告したように、本日はソニーのiPodキラー、Rollyについてです。
ただ、本当は突っ込みを入れようと思ってたのですが、すでにあちこちのブログで突っ込まれまくってます。
そうなると、私としては突っ込みを入れる気が失せてしまいました。
そこで、”どうしたらソニーのRollyが売れるか?”というのを考えてみたいと思います。
私が考える、Rollyブレイクのシナリオは

1.iPodキラーというのをあきらめる。
2.音楽再生機能を外す。(バージョン2の開発)
3.音楽を聴かせると踊りだすようにする。(バージョン3の開発)

というところです。
1.についてはいうまでもなく、RollyはiPodと勝負する性質のものではないからです。
対抗するとしたら、据え置き型の音楽再生機でしょう。
どう見ても、あれは持ち運ぶのに向いていません。

ところで、Rollyは据え置き型の音楽再生機と違って、スピーカーのふたがカパカパ動くからでしょうけど、音が変になっているようです。(動画を見たところですが)
つまり、据え置き型とも勝負にならないということになります。
据え置き型の音楽再生機と勝負するなら、音がよくないと話に鳴らないでしょうから。
いや、お気に入りの音楽の音が不自然に大きくなったり小さくなったりするのが、今の世の中に大受けするというのなら話は別ですけどね。
ということで、携帯型とも据え置き型とも音楽再生機能で勝負できないのですから、すっぱりと音楽再生機能はなくしましょう。
少なくともあの動きは結構いい感じだと私は思うので、勝負を賭けるならそこでしょう。

この時点で値段も思い切って3分の1くらいに下げましょう。
面白い動きをするロボットとして売り出すのです。
さらに、その動きも、もっと癒し系のものにしたらどうでしょう。
ここまでしたものをバージョン2として売り出します。

そして、乾坤一擲の一手、音楽に合わせて踊る機能をつけるのです。
できれば、激しい音楽なら激しく、ゆったりした音楽なら滑らかに動くようにするのです。
必要なら音楽を取り込んで、その音楽をあらかじめ解析し、踊るパターンを決めておいて、音楽がなりだしたら踊りだす、という風にしてはどうでしょう。
今の音楽再生機能の一部を利用すればできないことはないと思うのですが。
ここまでしたら、バージョン2より4割くらい高い値段で、バージョン3として売り出します。
おもいきって、犬型にして、バージョン4を作ってもよいかもしれません。

iPodに対抗するのなら、製品開発よりも、変なコピー制限をなくした音楽ダウンロードサイトの開設に注力する方がよいでしょう。
なんといっても、iPod最大の勝因はiTune Storeでしょうし、iTune Storeの最大の勝因は緩い(ユーザーにとって自由度の高い)コピー制限だとおもいますから。(一曲あたりの値段が安いからかもしれませんけどね)
きっと、性能的にはソニーの製品だって負けてないのでしょうから。
私は、最近のソニー製携帯音楽プレーヤー使ったことがないので、本当にそうなのかわかりませんけど。

最後は余談になりましたが、Rollyが形を変えてでも広まって、あの不思議な踊りがいろんなところで見られる様になったら、それはそれで楽しいかもしれないと、皆さんは思いませんか?




posted by ウッカリ八兵衛 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

いまさらながら、youtube面白いですね

ここ二日ほど、youtubeにはまってます。
阪神タイガース伝説のバックスクリーン3連発をみた後に、アテネオリンピックの男子体操金メダルをみて、プルシェンコとヤグディンのフィギュアみて・・・
あのときの名場面をもう一度みたいというときにちょうどいいです。
こうして、私もテレビを見なくなってゆくのでしょう。
(野球の中継とニュースは別ですが)
私もいつか秘蔵のビデオ(主にフィギュアスケートですが。しかも家内のものですが)をアップしたいものです。
posted by ウッカリ八兵衛 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

ごろねリターンズ、一長一短ですね

ごろねリターンズを使い始めて3日目。
結構使えるようになってきました。
ただ、微妙にポインターを動かすときに反応がなかったり、反応が遅かったり。
そういうわけで、すごくお勧めというわけではないですね。
ただ、ごろ寝しながらWEBを見るのは結構快感ですが。
懸念であった、ドラッグ&ドロップについては解決法が見つかりました。
それは”両手を使う”ということ。
ごろ寝していても、別に片手しか使えないわけではないので、左手で右ボタンを押しながら左手の親指でポインターを動かせば比較的簡単にドラッグ&ドロップできますよ。

あと、Mac miniで使えるかということも確かめました。
結論として、普通の3ボタンマウスと同じように使えます。
うちの設定で、真ん中クリックにF9の機能(エクスポゼの一種でウィンドウをすべて表示するというやつ)を持たせているのですが、それも使えましたよ。(説明書では真ん中ボタンの押し下げはサポートしていないようですが。ということで、うちでは使えたというだけです。皆さんは個人の責任で使ってください。)

ただ、うちのMac miniの主であるうちの奥さんは、まったく使う気がないようです。
私が個人もちのMacBookでも買わない限り、Macでごろねを使うことはないでしょうね。
もっともMacBookにはタッチパッド(?)があるので、ごろねを使うまでもないかもしれませんが。

また面白いものを買ったら紹介します。
posted by ウッカリ八兵衛 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

ごろねリターンズ

久々にPCパーツを買いました。
”ごろねリターンズ”
トラックボールの一種で、手で持った状態で操作できるので、寝ながらでも使えるというのが売りのようです。
さて、使ってみた感想ですが、
1.かなりの訓練が必要でしょう。特にドラッグ&ドロップとか。
2.でも、ネットサーフィンぐらいなら結構簡単にできそう。というか、今ごろねリターンズでネットしてますから。
というところ。
もう少し使ってみて、よさそうなら、また報告します。
あと、Mac miniにもつないで見たいな。

posted by ウッカリ八兵衛 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

SETI@home再開しました

SETI@homeをご存知でしょうか。
個人のパソコンを、宇宙人探索に役立てようというプロジェクトです。
なんだか怪しそうに聞こえますが、とっても本気で探しています。
何でも、宇宙からの電波を分析するのに、世界中の有志のパソコンを計算に参加させるということのようです。
興味がございましたら、SETI@homeで検索してみてください。
posted by ウッカリ八兵衛 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

逆転裁判

さて、今日は最近はまったゲームの、”逆転裁判1、2、3”について書きます。
最初は携帯アプリで始めてはまったのですが、たまたまWindowsのソフトで3つセットになっていたので衝動買いしてしまいました。
いいですね。なんだか、思いっきり“やられた!”っておもいました。
(とっても良い意味で)
ストーリー、音楽、ゲーム性、どれをとってもここ数年で一番のゲームでした。
これに匹敵するものと言えば、PS2のMissing parts A, Bでしょうか。
あと、太閤立志伝も良かったですね。

で、このゲーム元々はゲームボーイアドバンスのものだったそうで、今はやりの”リアルなグラフィック”とやらとは無縁のものなんですね。
でも面白いからついついやってしまう。
きっとnintendo DSの売れてるソフトとか、Wiiのソフトとかもそういうものなんでしょう。
(脳トレにきれいなグラフィックなんて必要ないでしょうし)
つまり、”きれいなグラフィック”を持った面白いゲームは存在しうるとしても、きれいなグラフィックを持った”面白くないゲーム”も同じように存在しうる訳です。
という事は、”きれいなグラフィックが売りのゲーム”というのは、逆にそれしかネタにならないものな事が多いでしょうから、面白くない可能性が高いと考えるのは飛躍し過ぎでしょうかね。
たとえ飛躍し過ぎであったとしても、私の経験ではそうである事が多いように思います。
最近買った一番面白くない(というか腹立たしい)ゲームは、”闇夜にささやく”とかいうやつです。
ほんとに一回だけしかやってませんが、やり終わった後(一応エンディングはみました)”やってしもうた!!”って思いましたね。
(最悪の意味で)
確かにきれいに描かれた女性はいっぱい出てきます。
それはもう、執念すら感じるほどです。(今はやりのメイド服の女性もいましたかね)
でも、どこにゲームとしての面白さがあったのか、私には最後までわかりませんでした。
”きっとそのうちに面白い展開があるに違いない”と思っていたら、あっけなく終わってしまいました。
たとえ、マルチエンドだったとしても、”二度と”遊びたくありません。
一応”本格推理ゲーム”とかなんとか、宣伝文句があったと思うのですが。
百歩ゆずって、本格ではなかったとしても、いったいどこに”推理”の要素があったのでしょう。
(当てずっぽうで選ぶしかなく、しかも一方が正解で一方が不正解という、理不尽な選択肢は山ほどあったように思いますが)

と、まあ、あのときの憤りがよみがえってきて、ついついヒートアップしてしまいましたが、とにかく言いたいのは
”グラフィックがきれいだろうが何だろうがどうでも良いから、とにかく面白いゲームを作ってほしい”
という事です。
一つのゲームで万人にとって面白いゲームを作るのは無理でしょうから、いろいろなパターンの楽しいゲームを作って、いっぱい出してくれたらいいですね。
ゲーム一つ作るのに多額の開発費がかかるというなら、削るべきところはばっさり削るべきです。
気合いの入った女性の絵がいっぱい見たい人向けのゲームもあっても良いし(今はこのタイプしかなくなってしまっているように思いますが)、グラフィックはヘボヘボでストーリーの良いゲームも欲しいですし、ストーリーもグラフィックもへぼいけど反射神経の限界に挑戦しているようなすごい動きのゲームもいいでしょう。
そういういろんなゲームがいっぱい出てくるような、そう、10年前のような時代がもう一度きてほしいなと、切に願う次第です。
(あ、nintendo DSではそうなっているのかもしれませんね。となると、私もnintendo DS買うしかないのかな)
posted by ウッカリ八兵衛 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

寅さんの町にいってきました。

寅さんの町、葛飾柴又に行ってきました。
まず、町の雰囲気がよかったですね。
人も多すぎず少なすぎずで、妙に浮かれたところもなく、かといって活気はありましたし、久々に”来てよかった”と思える場所でした。

帝釈天、よかったですよ。
お寺独特の落ち着いた雰囲気とか。(人はかなりいっぱいいますが)
寅さん記念館も、昭和の懐かしい雰囲気を堪能できる、お勧めの場所です。
私なんか、あまりに堪能しすぎて、寅さんの帽子を買ってしまいましたし。

お昼を食べた川甚ってお店がまたいいんですよ。
結構なお値段しますがね。
でも、鯉のあらいに鯉こく、鮎を焼いたものに、うな丼と、味・量ともに大満足でした。

都会のごちゃごちゃしたのに疲れた方には、柴又の町、お勧めです。
posted by ウッカリ八兵衛 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

au Music Portねぇ・・・

このほど携帯電話をTukaからauに替えました。
かなり期待してたんですね。
特に音楽再生機能に。
ちなみに、私はiPod shuffleを持ってますし、iTMSを使って快適に音楽をダウンロードしたり音楽CDから楽曲を取り込んだりしています。
で、今回のauの方にはNHKの英会話のCDを入れて使い分けようと思っていたのです。
で、使い勝手が良ければ、音楽のダウンロードなども試してみようかなと思っていたんです。
でも、とっても失望してしまいました。
au Music Port(au携帯におけるiTunesのようなものです)のCDの読み込みがあまりにも遅い。
しかも、CDを読み込んでいるとき、他のアプリケーションはもとより、au Music Port自体がほとんど操作不可能になってしまうのです。
重すぎて。
どうやらCPUの使用率が100%になっているようです。
私の使っているPCはceleron1.7Gでメモリが512Mですから、そんなにしょぼいってほどでもないはずなんですがね。(まあ最近のものに比べればそんなにいいとはいえませんが)
iTunesを使ってCDを読み込んだときは、それほどストレスを感じなかった事を考えると、au Music Portの評価は非常に低いものとせざるを得ませんね。
おそらくCDから音楽を読み込むのはおまけ程度に考えているんでしょう。
でも私が思うに、そういう姿勢ではiPod + iTunes + iTMSにはかなわないでしょう。
ただでさえ、LISMO(iPodでいうiTMSにあたるもので、楽曲のダウンロード購入ができるようです)で購入した曲はCDに焼けないという非常に大きなデメリットがあるのですから。
ご存知の通り、iTMSで購入した曲は、CDに焼けます(回数制限があったと思いますが)し、一度CDに焼いてしまえば、CDウォークマンとかCDラジカセとかPCとか、いろいろなメディアで楽しめます。
ですから、CDに焼いて楽曲をバックアップしてあれば、もし万が一購入した楽曲のデータが破損しても、大丈夫という訳です。
LISMOの方は、登録した一つの携帯電話でしか音楽を再生できません。
もちろん楽曲をCDに焼く事はできません。(バックアップはできるようですが、結構めんどうなように感じました)
そんな面倒な事をするくらいなら、CDをその辺のCDショップか、そこになければアマゾンででも買うでしょう。
ということで、私はLISMOで音楽は買いませんし、持っているCDの音楽を持ち歩くのにiPodを使い続けるでしょう。
携帯電話の音楽再生機能は、英会話専門にしか使えそうにありませんから。(このブログを書き始める頃から英会話のCDを読み込んでいますが、まだ10/69です。遅すぎです。)

ということで、
1.音楽再生機能なんておまけでしかない(もしくは使わない)と思っている、
2.音楽は使い捨て(データが壊れたらまた買い直せばいいや)と思える、
3.とっても気が長くて、CD1枚読み込むのに3時間とかかかっても全然苦痛でない、
という方以外は、わざわざauにする必要はないと思いますよ。
iPod買えばいい話ですし。
au携帯の音楽再生機能に期待すると裏切られる事間違いなしでしょう。.

とはいえ、携帯電話としてだけなら、とってもいいと思うんですけどね。(私はW43Tというのを使っています)
posted by ウッカリ八兵衛 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。