2005年12月24日

ワイヤレスキーボード

今回はハードウェアについてのレポートです。
Apple純正のワイヤレスキーボード。
まず率直な感想ですが、とっても使いやすいですね。
キーボードの感触もいいですし、英数字と仮名の切り替えもスムースにできます。
この二つの切り替えキーが手前にあるので、手首を浮かせずに切り替えできますから。
それに、コードレスなのでキーボードの置き場所も非常に自由に決められます。
もちろん、貴重なUSB端子をキーボードのために使ってしまう事もないですし。
唯一の欠点としては、汚れが目立つという事でしょうか。

ということで、 Mac miniを使っている方は購入を検討する価値は大いにありだと思います。
次は何に付いて書きましょう。
Zorkについてなんてどうでしょうね。
それではまた。


posted by ウッカリ八兵衛 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac mini 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

Mac mini買いました。

 Mac mini買いましたという日記は、今では山のようにあって、だいたい言っている事も皆一緒ですね。
  1.小さい
  2.音が静か
 でも、これは実際に使ってみると、どうしてもこの2つの感想になってしまう。まあ、あえて言うなら、2つとも後ろに!が3つくらい付くってとこでしょうか。しかもこの2つが想像以上に大きなメリットになったりするんでしょうね。少なくとも私はそうでした。
 この2つ以外ですと、
  3.遅い
  4.Mac使いにくい
 あたりが見受けられるのですが、そんなに遅くて使いにくいでしょうかね。少なくともうちにある1.9GHz Pentium4で512MBのメモリを積んだ自作マシンにWindows 98いれたのと同じくらいには速いと思いますよ。会社で使ってる3GHz Pentium4のやつよりは少し遅いと思いますけど。ちなみに私のところのMac miniは1.5GHz PowerPC G4で512MBのメモリを積んでます。使い勝手の方は、最初はいろいろ戸惑いますが(日本語と英数字の切り替えなどに)慣れてくれば、WindowsだろうがMacだろうがLinuxだろうが普通に使えます。まあ、この辺りは予想通りですね。

 で、早速X11を入れようとして、なぜか異常に苦しんだのですが、結局やり方は2ちゃんねるにのってました。
1.Mac miniに付属のMac OS X Install Disc 1をディスクを入れる隙間に差し込みます。
2.(私の設定では)CD-ROMの中身をFinderが開いてくれるので、とりあえずスクロールバーを動かして下の方を見ます。
3.Optional Installsというのがあるので、それをダブルクリックしてインストールを始めます。
4.多分いろいろ選択できる中にX11やX11 SDKというのがあるので、とりあえ両方入れておきましょう。(X11 SDKはいらないのかもしれませんが)
5.インストールが完了すればアプリケーション->ユーティリティーにX11というアイコンが出てくるでしょう。

 これであとはFinkをインストールしていろいろなX11のアプリケーションが使えるようになるという事ですね。
Finkについては、また次の機会にでも紹介します。
posted by ウッカリ八兵衛 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac mini 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。