2007年04月07日

SETI@home再開しました

SETI@homeをご存知でしょうか。
個人のパソコンを、宇宙人探索に役立てようというプロジェクトです。
なんだか怪しそうに聞こえますが、とっても本気で探しています。
何でも、宇宙からの電波を分析するのに、世界中の有志のパソコンを計算に参加させるということのようです。
興味がございましたら、SETI@homeで検索してみてください。
posted by ウッカリ八兵衛 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

逆転裁判

さて、今日は最近はまったゲームの、”逆転裁判1、2、3”について書きます。
最初は携帯アプリで始めてはまったのですが、たまたまWindowsのソフトで3つセットになっていたので衝動買いしてしまいました。
いいですね。なんだか、思いっきり“やられた!”っておもいました。
(とっても良い意味で)
ストーリー、音楽、ゲーム性、どれをとってもここ数年で一番のゲームでした。
これに匹敵するものと言えば、PS2のMissing parts A, Bでしょうか。
あと、太閤立志伝も良かったですね。

で、このゲーム元々はゲームボーイアドバンスのものだったそうで、今はやりの”リアルなグラフィック”とやらとは無縁のものなんですね。
でも面白いからついついやってしまう。
きっとnintendo DSの売れてるソフトとか、Wiiのソフトとかもそういうものなんでしょう。
(脳トレにきれいなグラフィックなんて必要ないでしょうし)
つまり、”きれいなグラフィック”を持った面白いゲームは存在しうるとしても、きれいなグラフィックを持った”面白くないゲーム”も同じように存在しうる訳です。
という事は、”きれいなグラフィックが売りのゲーム”というのは、逆にそれしかネタにならないものな事が多いでしょうから、面白くない可能性が高いと考えるのは飛躍し過ぎでしょうかね。
たとえ飛躍し過ぎであったとしても、私の経験ではそうである事が多いように思います。
最近買った一番面白くない(というか腹立たしい)ゲームは、”闇夜にささやく”とかいうやつです。
ほんとに一回だけしかやってませんが、やり終わった後(一応エンディングはみました)”やってしもうた!!”って思いましたね。
(最悪の意味で)
確かにきれいに描かれた女性はいっぱい出てきます。
それはもう、執念すら感じるほどです。(今はやりのメイド服の女性もいましたかね)
でも、どこにゲームとしての面白さがあったのか、私には最後までわかりませんでした。
”きっとそのうちに面白い展開があるに違いない”と思っていたら、あっけなく終わってしまいました。
たとえ、マルチエンドだったとしても、”二度と”遊びたくありません。
一応”本格推理ゲーム”とかなんとか、宣伝文句があったと思うのですが。
百歩ゆずって、本格ではなかったとしても、いったいどこに”推理”の要素があったのでしょう。
(当てずっぽうで選ぶしかなく、しかも一方が正解で一方が不正解という、理不尽な選択肢は山ほどあったように思いますが)

と、まあ、あのときの憤りがよみがえってきて、ついついヒートアップしてしまいましたが、とにかく言いたいのは
”グラフィックがきれいだろうが何だろうがどうでも良いから、とにかく面白いゲームを作ってほしい”
という事です。
一つのゲームで万人にとって面白いゲームを作るのは無理でしょうから、いろいろなパターンの楽しいゲームを作って、いっぱい出してくれたらいいですね。
ゲーム一つ作るのに多額の開発費がかかるというなら、削るべきところはばっさり削るべきです。
気合いの入った女性の絵がいっぱい見たい人向けのゲームもあっても良いし(今はこのタイプしかなくなってしまっているように思いますが)、グラフィックはヘボヘボでストーリーの良いゲームも欲しいですし、ストーリーもグラフィックもへぼいけど反射神経の限界に挑戦しているようなすごい動きのゲームもいいでしょう。
そういういろんなゲームがいっぱい出てくるような、そう、10年前のような時代がもう一度きてほしいなと、切に願う次第です。
(あ、nintendo DSではそうなっているのかもしれませんね。となると、私もnintendo DS買うしかないのかな)
posted by ウッカリ八兵衛 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

一番盛り上がっているのは私なのかもしれません

先日、”Vistaが動くノートパソコンは半分くらいしかなくて、しかも動くやつは高いのではないか”といったのですが、調べてみたところ安いやつでもVista Home premiumがインストールされているのがありました。(10万円くらいです)
もう少し下調べしないといけませんね。
というわけで、Vista搭載のノートPCという選択肢もない訳ではないという事になりました。
後は好みの問題でしょう。
私はがんばってMakBookを買います。

これにてVistaネタはいったん終わりにして、明日(?)は最近はまったゲームの事に付いて書きましょう。
posted by ウッカリ八兵衛 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

なぜWindows Vistaがいらないのか

前の記事で、”Vistaのaeroは私にはいらない”とかきましたが、本当はVistaの機能自体は使えると思うのです。
でも、私にとってVistaは今のところ全くいらないものなのです。
これには訳がありまして、私が欲しいのはノートPCだからです。

Vistaの目玉機能は
1. Aero
2. 強力な検索機能
3. 進化したセキュリティー
だと思うのですが、これらが本当に使えるとしたら非常に魅力的です。
しかし、

1. Aeroはとっても高性能なグラフィックチップが必要
おそらく、今出ているVista対応のPCでも、Aeroが使えないものは結構あるでしょう。
きっと、ノートPCは半分くらいだめなのではないでしょうか。
でも、誤解しないでください。Aeroが使えなくても、Home Basicというバージョンを使える性能があれば”Vista対応”といっても詐欺ではないのです。
私にとっては、Vistaの目玉機能の一つ(しかも、おそらく一番の目玉)が使えないのに”Vista対応”と書くのはどうかと思うのですが。
Aeroの使えないVistaに魅力はほとんどないといってよいでしょう。(私にとっては)
そういう訳で、Vista(というより、Home Basic搭載のノートPC)はいらないという事になります。
そんなのを買うくらいなら、MacBookを買いますから。

2. Microsoftが”強化されたセキュリティー”といっても、そのままそれを信じる気にはなれません。
信じる・信じないは人それぞれだと思います。
でも、今まであれほど多くの”深刻な脆弱性”が発見されていたWindowsが、Vistaになったから安全だなんて思えません。
少なくとも、3年ほどは様子を見たいところです。
やっぱり、ここ数年内に買うとしたら、Vista搭載のノートPCはありません。

3. 検索機能にはそれほど必要性を感じません。
ファイルはきちんと自分で管理すれば良いのです。
今のところ、自分で管理できないほどの大量なデータは持っていません。(自宅では)
どうしてもというなら、Mac OSXにもSpolightという検索機能がありますし。
それにしても、この検索機能を使うと、結構重たくなるんじゃないのでしょうか。
ファイルを作ったり、移動させたりするたびに、その情報をどこかにためる訳ですから。
そんな事にCPUのパワーを使って、処理を重たくしたくはないですね。
だから、この機能はおそらく使う事はないでしょう。(もしこの機能自体をOFFにできるのなら、買ったその日にOFFにする事でしょう)
という事は、検索機能を目当てにVista搭載機買うということはないですね。

もちろん、20万円くらいのノートPCならAeroも使えるかもしれませんし、検索機能もサクサク動いて、快適なのかもしれません。
でも、そんなのを買うくらいなら、15万円くらいでMakBookを買った方が良いと思われるのです。
どうしてもWindowsのノートPCが欲しくなったら、BootCamptとかparallelsで入れれば良いですし。

ただ、いずれはVistaを使わなければならない日がくるのだろうとはおもいます。
手持ちのWindows XP機が壊れたときなどにですけど。
そんな日がくるのをなるべく遅らせるために、せいぜいXP機を大事に使いますかね。

posted by ウッカリ八兵衛 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

案外Vistaが盛り上がりましたね

案外Windows Vistaが盛り上がりましたね。
大コケするなんていってすみませんでした。
私としては、Vistaがどうなるかよりも、MacBookを買う予定の今夏まで、Windows XPが売っていてくれるかというほうに関心があります。
動画をネットで見ようとすると、やっぱりWindowsがいりますからね。
ハードディスクと一緒にXPを買ってデュアルブートというのが一番魅力的です。
(VistaのAeroは、はっきりいって私にはいらないので)

本当はMacでネット上の動画を見ることができるようになるのが一番なのですが、なかなかそれは実現しそうにないですね。
シェアが少ないですから。
あとは、Appleが(iPod用でない)動画を配信してくれるようになることを期待するしかないでしょう。(無理ですよね、きっと)

ああ、いつの日かMacのシェアが増えて、Mac用に動画配信をしてくれるところが出るようにならないでしょうかね。

posted by ウッカリ八兵衛 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

明日Windows Vistaが出るそうですが

明日、Windows Vistaが出るそうですが、どの程度売れるのでしょう。
なんだか、”画面がきれい”というのだけが売りのように見えるのですが。
(もちろん、セキュリティーがどうのとか、ほかにもあるのですが、今までが今までだけに、ちょっとにわかには信じられないところがあります。)
しかし、”画面がきれい”というのだけを売りにして、大コケしているゲーム機がありますし、Vistaもそういう風になるかもしれませんね。
いや、おそらく時間がたてば、また違った展開にもなるかもしれませんけど。
そういえば、”画面がきれい”というのを売りにしているのに、地デジがありますね。

なんだか、新製品(地デジは製品でないかもしれませんが)たち、ほかに言うことはないのでしょうか。
OSにしろ、ゲーム機にしろ、テレビ放送にしろ、大切なのは”ソフトウェアが魅力的だ”ということだと思うのですけど。
もちろん、”画面がきれい”というのも魅力を構成する要素のひとつですけど、
特別便利でもないけど、絵がきれいなアプリケーション
ぜんぜん面白くないけど、絵がきれいなゲーム
ぜんぜん楽しくないけど、絵がきれいな番組
というのが魅力的だとは思えないんですけどね。
あ、全部、ほかにも売りがありましたっけ。
Vistaはセキュリティー(本当でしょうか)、地デジは双方向番組(別にデジタル化しなくてもできるはずなんですけど)、ゲーム機は・・・”絵がきれい”以外に何が売りなんでしたっけ?

まあ、個人的には上記3つともまったくいらないのですけど、地デジだけは強制的に切り替えさせられるというのが、なんとも困ったものです。

なんだか、中程からVistaとまったく関係なくなってしまいましたが、そういう回があるのもよしとしておきましょう。
posted by ウッカリ八兵衛 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(1) | パソコン一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

歩くには歩いたのですが

さて、まずは私のかわいいロボの写真をご覧ください。
PA0_0010.JPG

以前の物とは比べ物にならないくらい”ロボット”という感じがします。
ただ、本体の重量がかなり重くなったので、両面テープによる接続が厳しくなってます。
それが昨日の悲劇の原因だったのですが、いまだに根本的な解決策は見つかっていません。
なんとか、おまけでついてきた強力両面テープでとまってはいますが。
で、結局歩いたのかというと、何とか2歩は歩きました。
ただ、すごく時間がかかってしまいまして。
我が妻は”なんか歩こうとしているのは認めるけど、歩いたとは認めない”とのことでした。
後は、もう少しすばやく歩く手順を見つけるのと、接続部位の強化ですね。
しばらくはこのスタイルでがんばってみます。
(あと、モーターからの線が短すぎるので、それを延長する方法を考えて見ます。)
posted by ウッカリ八兵衛 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

今度こそ歩く、はすだったのですが…

”初めてのあんよ”から2週間、脚部の徹底改造を行い(関節が2個増えました)今度こそ歩くはずだったのですが…

私のかわいいロボを、家内が見た時の第一声は”えらくガニ股だね”でした。
そのガニ股が大事やっちゅーねん、という心の叫びを抑えつつ慎重にモータを動かしていくと。
”なにがしたいの?なんか、カクカク動いて。屈伸運動?”
と、のたまわったのです。
モーター一個ずつ動かさなあかんのやからしょうがないやろ、と思いながらモーターを動かし続け、もう少しで私のかわいいロボが一本足でたとうとした瞬間に、股の部分をとめていた両面テープがはがれ、あわれ股裂き状態に。
家内は大笑いです。

ということで、股の部分を両面テープではなく木工用ボンドで止めることにして今日はおしまいです。
明日こそ、明日こそ彼女の鼻を明かすのです。
ロボよ、お互いにがんばろうぞ!

(現在ボンドが乾くのを待っているので、私のかわいい、でもちょっとガニ股のロボの写真は載せられません。明日、その勇姿とともにお見せしたいと思っています。)
posted by ウッカリ八兵衛 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

寅さんの町にいってきました。

寅さんの町、葛飾柴又に行ってきました。
まず、町の雰囲気がよかったですね。
人も多すぎず少なすぎずで、妙に浮かれたところもなく、かといって活気はありましたし、久々に”来てよかった”と思える場所でした。

帝釈天、よかったですよ。
お寺独特の落ち着いた雰囲気とか。(人はかなりいっぱいいますが)
寅さん記念館も、昭和の懐かしい雰囲気を堪能できる、お勧めの場所です。
私なんか、あまりに堪能しすぎて、寅さんの帽子を買ってしまいましたし。

お昼を食べた川甚ってお店がまたいいんですよ。
結構なお値段しますがね。
でも、鯉のあらいに鯉こく、鮎を焼いたものに、うな丼と、味・量ともに大満足でした。

都会のごちゃごちゃしたのに疲れた方には、柴又の町、お勧めです。
posted by ウッカリ八兵衛 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初めてのあんよ(?)

計画を大幅に変更して、こんな形になりました。
DSC01198.JPG
ただし、電池ボックスとか制御ユニットは手で持っていないといけませんが。

ポイントは、おもりのついた棒(尻尾と呼んでます)と微妙にガニ股の足です。
尻尾を左右に振りながら左右の足に体重移動して動きます。
私の目には”歩いた”と見えましたが、妻の目には”なんか歩いたって感じじゃないね。ずれたって感じ?”と映ったようです。
多分、妻の目のほうが正しいのでしょう。

更なる改良を加えてそのうちに完全なる歩行の様子を、動画付きでお届けしたいものです。
posted by ウッカリ八兵衛 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。